診療科のご案内

内科

担当医

石井 正徳(いしい まさのり)
出身校 横浜市立大学 大学院
役職 副院長
内科部長
医学博士
認定医 胸部外科学会認定医
大矢 直子(おおや なおこ)
出身校 聖マリアンナ医科大学
役職 副院長
医学博士
認定医 日本内科学会 認定内科医
日本リウマチ学会 認定専門医
日本リウマチ財団 登録医
日本医師会 認定産業医
日本抗加齢医学会 専門医
日本人間ドック学会 認定医
小向 良昌(こむかい よしまさ)
出身校 聖マリアンナ医科大学
役職 内科外来診療部長
新海 敏行(しんかい としゆき)
出身校 東邦大学
役職 内視鏡室室長
内科医長
認定医 日本内科学会 認定医
日本内科学会 総合内科専門医
日本消化器病学会 専門医
産業医科大学産業医学基礎研修終了
厚生労働省認定臨床研修 指導医
プライマリ・ケア 認定医

非常勤医師

  • ・渡邉古志郎
    横浜市立市民病院 名誉院長
  • ・辻 正富
    昭和大学横浜市北部病院 客員教授
  • ・駒瀬 裕子
    聖マリアンナ西部病院
    呼吸器内科教授
  • ・飯田 春信
  • ・伊東 友弘
  • ・大橋 慎一
  • ・小野 綾美
  • ・尾上 林太郎
  • ・神野 正智
  • ・小長谷 一郎
  • ・小向 昌枝
  • ・近藤 弓子
  • ・笹井 正宏
  • ・鈴木 孝昭
  • ・高野 誠
  • ・武信 秀史
  • ・丹澤 盛
  • ・蘒原 洋輔
  • ・花田 英輔
  • ・水上 拓也

▲ページトップへ

外来診療担当表

午前 5診 神野 正智 小野 綾美
※予約優先
2月末にて診察終了
小長谷 一郎 花田 英輔
(消化器)
※予約制
大橋 慎一
6診 水上 拓也
(循環器)
飯田 春信
(一般・リウマチ)
駒瀬 裕子
(呼吸器)
※予約制
尾上 林太郎 小向 良昌
(一般・糖尿病)
小向 良昌
(一般・糖尿病)
7診 武信 秀史
(一般・循環器)
笹井 正宏
(循環器)
伊東 友弘 近藤 弓子
(糖尿病)
※予約制
小向 昌枝
(循環器)
非常勤医
8診 石井 正徳
(一般・循環器)
小向 良昌
(一般・糖尿病)
辻 正富
(糖尿病)
伊東 友弘 新海 敏行
(消化器内科)
石井 正徳
(一般・循環器)
10診 冨田 祐司
(一般・禁煙外来再診のみ)
診察開始 9:30~
冨田 祐司
(一般・禁煙外来再診のみ)
診察開始 9:30~
午後 5診 花田 英輔
(消化器)
午後休診
6診 飯田 春信
(一般・リウマチ)
大矢 直子
(一般・リウマチ)
蘒原 洋輔
7診 冨田 祐司
(一般・禁煙外来再診のみ)
※時間変更あり
渡邉古志郎
(呼吸器)
受付終了16:30
診察終了17:00
伊東 友弘 丹澤 盛
(第2)
受付終了17:00
診察終了17:30
武信 秀史
(一般・循環器)
(第2,4)
8診 小向 良昌
(一般・糖尿病)
鈴木 孝昭 高野 誠
(循環器)
石井 正徳
(一般・循環器)
石井 正徳
(一般・循環器)

▲ページトップへ

診療内容について

以下のような症状のある患者様は内科を受診してください。
全身倦怠感、食欲不振、体重減少、体重増加、浮腫、リンパ節腫脹、甲状腺腫、発疹、黄疸、貧血、発熱、頭痛、めまい、意識障害、嗄声、胸痛、動悸、呼吸困難、咳、痰、嘔気、嘔吐、腹痛、腹満、便通異常、尿量異常、血尿、タンパク尿、歩行障害、四肢のしびれ、その他

当院では一般内科の他に専門内科として循環器、リウマチ膠原病、呼吸器、消化器、糖尿病があります。患者様は、まず一般内科で診察を受けるか、あるいは症状に応じて直接専門医を受診してください。
また高度、集中治療が必要な疾患に関しては、スタッフの出身や非常勤医師の所属する聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院、昭和大学横浜市北部病院、昭和大学藤が丘病院、横浜市立市民総合医療センターなどと連携し診療を進めていきます。

当院でできる主な検査は以下の通りです。
血液検査 尿検査 胸部腹部レントゲン 心電図 呼吸機能検査 便潜血 全身CT 心臓CT 頭部、全身、血管MRI、 胃カメラ 大腸カメラ 血管造影 24時間心電図 心臓エコー 血圧脈波検査 腹部エコー 骨密度 各種培養検査 細胞診 など
必要に応じ上記検査を行い、診断、治療を進めていきます。

▲ページトップへ

消化器内科

当科では、総合診療科で診療していた経験から、消化器疾患だけではなく、不明熱や自己免疫疾患などで他の医療機関での診断・治療が困難であるといった理由で来院される方も多いのが特徴です。また、受診後に治療が必要な方も多く、内科治療による状態の安定化に最善を尽くしますが、消化器疾患における外科治療が必要な方も多く来院されます。

当科の特徴として当院外科との連携が非常にスムーズな事もあり、内科治療で安定した外科治療が必要な患者さんは勿論、緊急を要する患者さんにおいては速やかに外科による治療が可能となっています。当院外科は、横浜市立大学外科治療学教室から神奈川県立がんセンターや高次医療機関で高度な技術を習得し、執刀されていた外科指導医・専門医3名の常勤医で構成されており、他施設と比して秀逸した治療成績を認めているのも特徴です。

入院病棟は、消化器内科・外科とも3F病棟であり、入院中は精神的にも落ち込む事や退院後の不安や問題など多くの悩みを抱える事もありますが、看護師・薬剤師・栄養士さんなどの優秀なスタッフで構成され、治療だけではなく精神的・社会的ケアも同時に行っており、安心して入院生活を送って頂いております。


消化器科における検査・治療等件数(平成27年4月1日~平成28年3月31日)

  • 上部消化管内視鏡検査:1,479(鎮静下:299)
  • 下部消化管内視鏡検査:727
  • 内視鏡的胆管膵管造影検査 ERCP:62(EST 39,  EPLBD 6)
  • 大腸ポリープ切除:133
  • 内視鏡的止血術:23
  • 食道静脈瘤硬化療法 EIS/EVL :10
  • 胃粘膜下層切開剥離術 ESD:12
  • 消化管ステント留置術:3(食道 2, 十二指腸 1)
  • 腹腔鏡・内視鏡合同手術 LECS:1
  • 経皮経肝胆嚢ドレナージ PTGBD:10
  • 経皮経肝膿瘍ドレナージ PTAD:5
  • 肝生検:5
  • 肝癌のエタノール注入 PEIT:11
  • 肝血管造影・肝動脈塞栓術 :7
  • 動注療法:3 (肝膿瘍、重症急性膵炎、潰瘍性大腸炎)
  • 骨髄穿刺:5

▲ページトップへ

当院で取り扱う疾患

呼吸器疾患

急性気管支炎、肺炎、慢性気管支炎、気管支喘息、肺気腫、肺癌、間質性肺炎など

循環器疾患

急性心筋梗塞 狭心症 うっ血性心不全 高血圧 肺動脈血栓塞栓症 心筋炎 大動脈瘤 閉塞性動脈硬化症など

消化器疾患

逆流性食道炎 食道がん 胃潰瘍 胃がん 十二指腸潰瘍 ウイルス性胃腸炎 憩室炎 大腸がん 慢性肝炎 アルコール性肝炎 胆石症 胆管炎 潰瘍性大腸炎など

リウマチ膠原病

関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、全身性硬化症、ベーチェット病など

代謝疾患

糖尿病、高コレステロール血症、高中性脂肪血症、肥満症、メタボリック症候群、高尿酸血症・痛風、ビタミン欠乏症など

当院には糖尿病外来があります。

内分泌疾患

甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、慢性甲状腺炎、副甲状腺機能異常など

感染症

ウイルス性気道感染症(感冒症状など)、インフルエンザ、敗血症、A群連鎖球菌感染症、風疹、水痘、麻疹、流行性耳下腺炎、伝染性紅斑、マイコプラズマ感染症、伝染性単核球症など

▲ページトップへ