麻酔科

手術室での麻酔管理を担当しています。病歴、全身状態、術前検査等から手術前の評価をして、麻酔計画を立てます。手術中の麻酔管理(意識、呼吸、循環および疼痛などの管理)、術後の疼痛管理を行います。また、外来診療は致しておりませんが、痛みの治療として、各科からの依頼に応じて種々の神経ブロックを行ないます。年間約600件の麻酔管理を行っています。

特徴

術前の経口補水

従来、手術前夜からであった水分の制限を緩和して、長時間の喉の渇きに耐える事無く、当日の数時間前まで水分が摂れるようにしています。

安全な麻酔管理

麻酔管理を安全に行なうため、心電図、血圧計、パルスオキシメーターの監視を全例に行います。また、一部の症例では、動脈圧の連続モニターや脳波モニターを行ないます。

超音波装置の利用

神経ブロックや中心静脈穿刺を安全に行なうため、超音波装置を利用しています。

術後の鎮痛管理

術後の痛みの対策に、積極的に関わっています。術後の痛みが強い開腹手術などに対しては、患者自身が鎮痛剤の追加投与が可能なPCA装置を使用して、術後疼痛管理の質の向上を図っております。

休診代診

現在、予定されている休診はありません。

外来担当医師

麻酔科部長・手術部部長
伊藤 隆 (いとう たかし)

麻酔科

略歴 佐賀医科大学
資格・所属学会 麻酔科標榜医
日本麻酔科学会専門医