患者さまへのご案内

糖尿病外来

糖尿病外来について

1型、2型糖尿病治療の目標は、合併症の予防です。放置すれば細小血管障害(眼、腎、神経が障害)、大血管障害(脳梗塞、心筋梗塞等)易感染性(感染に対する抵抗力の低下)が生じてきます。
これらの合併予防、進行阻止には早期発見と厳格な血糖コントロールの他、血圧や脂質のコントロールも重要です。

当院では早期発見に力を入れ、糖尿病予備軍(境界型あるいはIGTと呼ばれている)の段階から食事指導、運動療法を指導して経過観察しています。薬物治療やインスリン治療が必要な場合は、病態に合致した最新の治療を積極的に実施しています。インスリン注射の導入も外来通院で行っています。合併症に関する検査も定期的に実施し、早期発見に努め、必要な場合は院内の他科と連携して治療にあたります。
食事療法については、栄養士による個別指導があります。また、糖尿病を正しく理解することが治療効果を高めるために是非必要と考え、定期的に糖尿病教室を開催しています。患者様以外でも関心のある方は、是非参加してください。

糖尿病治療は制約することではなく、最も健康的な日常生活を送ることです。適切な治療により、より健康的な状態となります。
一緒に頑張りましょう。

内科のページへ»

診療案内

担当医師糖尿病内科:辻 正富、近藤弓子
診療日
辻 正富 : 水曜日午前
近藤弓子 : 木曜日午前(予約制)
診療時間午前9:00~12:00  午後14:00~18:00

総合受付へお申し出下さい。

▲ページトップへ