HOME > 患者さまへのご案内 > 専門外来のご案内 > セカンドオピニオン外来
患者さまへのご案内

セカンドオピニオン外来

セカンドオピニオン外来について

当院では、平成18年10月1日よりセカンドオピニオン外来を開設しました。
セカンドオピニオンとは、現在受診している病院を変える事ではなく、主治医と良好な関係を保ちつつ、他の医師(第2の医師)の意見を聞くことです。
当院以外の医療機関を受診している患者様に対しまして、患者様がご自身の治療等について、納得のできる最善な方法の選択を可能にするため、当院としての意見や判断を求められた際にお応えをいたします。

セカンドオピニオンを提供している専門科

心臓血管外科 医師 益田 宗孝 横浜市立大学第一外科 教授 毎週木曜日
15:00~17:00

▲ページトップへ

セカンドオピニオンの主な対象疾患例

心臓血管外科 狭心症 心筋梗塞 先天性疾患症 大動脈疾患 末梢動静脈疾患 など

▲ページトップへ

相談時間と費用

1回(30分程度):10,500円

担当医師により時間は異なることがございます。セカンド・オピニオンは、通常の外来とは切り離して、実施しております。 このためセカンド・オピニオンの予約は担当する医師と患者さんのご都合を調整したうえで日時を決定しております。なお、患者さんのご相談の内容によっては、1回のセカンド・オピニオンで終了しないこともあります。費用は1回につき10,500円(消費税込み)です。健康保険の適用ではなく、自費の取扱いとなります。はじめから診療をご希望の方は、一般外来を受診をしてください。

▲ページトップへ

お申込み・お問い合わせ

セカンド・オピニオン外来は、完全予約制となります。
まずは、お電話にて、お問い合わせください。TEL 045-951-3221(代表)

申し込み書(PDF)同意書(PDF)

▲ページトップへ

FAQ

セカンド・オピニオンとは?
セカンド・オピニオンとは、『病状や治療法について、自分の主治医(担当医)以外の医師の意見を聞き、参考にすること』をいいます。
あなたの病気の診断・治療について主治医からの説明に加え、特に重たい病気や、大きな手術を要する場合には、第3者の意見を聞きたいと思われる患者さんは少なくないと考えられます。さらにより良い方法を探すために複数の医療機関を訪れる方も多く、複数の施設で、重複する検査を行なうことは、医療費の無駄ばかりでなく、患者さん自身にとりましても、経済的・時間的負担また心身の負担となります。
セカンド・オピニオンを受ける意味は何ですか?
主治医(担当医)の診断や方針に対する確認が出来ます。
診断や治療の妥当性(適切性)を再確認することで、納得して治療を受けることが出来ます。 主治医(担当医)の提示する治療法以外の治療法を得ることもあります。
どういう時にするの?
  • 主治医(担当医)に診断や、治療方針の説明を受けたが、どうしたらいいか悩んでいる時
  • いくつかの治療方針を提示されているが、迷っている時
  • 他に治療法はないかと考えているとき
こんな時に、自分で納得して治療を選択肢、受けるために、他の医師(第2の医師)の意見も聞いてみるという方法です。
受けたい時はどうすればいいの?

基本的には紹介状や資料が必要となります。これは、患者様の病気の状況(今までの治療経過や現在の病状)によって、治療も異なることが考えられ、患者様にとって意味のある意見をお話させていただく為に、その患者さんの客観的な医学的情報が必要となるからです。

当院では、提供しましたセカンド・オピニオンの内容に付きましては、紹介状を書かれた主治医宛に、直接当院から文書にて情報をお伝えします。
当院のセカンド・オピニオンは患者さんの現在受けられている医療機関から資料を用意していただき、この資料により治療等の説明や色々な治療方法をご紹介するものです。
このため、当院のセカンド・オピニオンでは、治療も検査も行いません。また、セカンド・オピニオンは当院への転院や診療につながるものではありません。
ご了承お願いいたします。

▲ページトップへ