HOME > 採用情報 > 看護部概要
採用情報

看護部概要

看護部の理念

看護部は、病院の運営方針を基盤にして急性期医療を支え、地域医療に貢献します。
1.豊かな人間性と、質の高い知識と技術を持って看護を提供する。
2.常に患者様の立場にたって、患者様の人権を尊重し健康回復への支援を行う。
3.専門職として資質の向上に努力する。


看護部長のあいさつ

 地域の中心となる病院として、患者様やご家族に満足していただくため、地域に根ざした患者中心の看護を目指しています。

 看護職員一人ひとりが成長でき共に学び合える組織づくりを目指し、研修や新人教育に取り組んでいます。病院は、職員の研修について理解があり院内・院外研修とも支援を受けることができます。

 職員同士が思いやりのある言動を心がけることで、互いに相手を尊重し協力し合う関係となり患者様への思いやりにも繋がり、満足していただける看護の提供が行われると考えます。そのためにも職員の声に耳を傾け、お互いのコミュニケーションを大切にしながら、職員一人ひとりがやりがいを持ち、生き生きと働ける環境つくりに貢献していきたいと思っています。

安田 和美


▲ページトップへ

平成30年度  目標

1.尊厳ある看護の提供
2.アセスメントに基づく看護実践能力の向上
3.人材育成
4.病院運営に積極的に参加
1)職員の定着
2)ベッドコントロール
3)他職種との連携強化


▲ページトップへ

看護部概要

看護体制 急性期一般入院料1(7対1)
看護方式 チームナーシング(固定)
看護単位 5単位
外来・手術室・一般病棟(3単位:3階病棟、4階病棟、5階病棟)
勤務体系 2交代制(日勤:8:30~17:15/夜勤:16:30~9:00)

外来部門

 当院では、看護師・看護補助者・ドクタークラーク(MA)・外来クラークが協力して外来診療の業務にあたっています。
外来部門には、外来診察室、処置室、点滴室、外来化学療法室、内視鏡室、救急室の部署が含まれます。
救急外来は24時間体制で稼働し、患者の適切なトリアージができるよう救急看護の知識と技術を習得することを目指しています。

平成29年度   年間救急受け入れ件数   2688 件
   救急入院件数   999 件

外来看護師は病院の玄関口として、受診された患者様が安心して当院での診療や検査が受けられるよう、患者様と真摯に向き合い信頼される対応と接遇を心がけています。


手術室・中央材料室

      平成29年度   年間手術件数     956 件
消化器外科では、胃がん・大腸がん・胆石症・鼠径ヘルニアの手術が多く、緊急手術ではイレウスや虫垂炎がほとんどです。腹腔鏡下による術式も多くおこなわれています。
整形外科では、大腿頸部骨折、膝、肘、股関節の手術を行っています。
脳神経外科では血腫除去術、眼科手術では、白内障の水晶体再建術を主に行っています。

手術が安全に終了し患者様が苦痛なく退室できることを目標に、安全な職場環境とチームワークを大切にしています。

3階病棟

 消化器外科・内科・整形外科・眼科の51床の混合病棟です。
各科の特徴と患者の個別性に合わせたきめ細やかな看護を提供できるように日々努力しています。
手術を受け入れる患者様の不安に寄り添い、安心して手術が受けられるよう関わりを持つことを職員は心がけています。
入院から退院後も安心して過ごすことができるよう他職種との連携と情報共有を行っています。

4階病棟

整形外科・脳神経外科・神経内科の一般病棟51床の病棟です。
整形外科では、上肢・下肢・脊椎等の疾患の患者様が、手術・検査目的で入院されています。術前から術後まで安心して過ごしていただけるように、不安を持って入院する方に丁寧な説明と傾聴を心がけています。
脳神経外科・神経内科では、脳卒中や脳挫傷、頭部外傷、痙攣、脊椎疾患等の患者様が入院されています。運動機能低下の防止と回復を目指し、疾患の早期発見と早期治療の開始、早期離床・リハビリテーションにより社会復帰または最良のQOL(quality of life)の実現に向けて、診療及び看護援助を行っています。
患者様、ご家族に十分な説明を行い、信頼関係を大切にした医療の提供と、安心安全な入院環境の提供を目指しています。
患者様とご家族が安心して満足な医療・看護が受けられるよう他職種と連携し、心の通う看護を提供できるように努めています。

5階病棟

内科病棟は48床です。循環器疾患、消化器疾患、呼吸器疾患などの患者様が入院しています。 急性・慢性を問わず、適切な診断・治療を行っています。
最新の診断・治療技術に基づいて、各分野の専門医で十分に論議し、最善の医療を目指しています。
疾患によって症状は様々なので、患者様の苦痛を少しでも和らげ、患者様が自分らしく安心して生活を送れるように看護援助をさせていただきます。

教育

教育目的

 当看護部では、それぞれが段階に応じた教育プログラムに沿って教育委員が中心となり、集合教育と分散教育に力を入れています。
患者様の思いに寄り添い、確かな知識と技術のある職員の育成を目指しています。


新人研修

 卒後1年目の教育は、社会人として看護専門職者として自覚を持ち人間性豊かに成長していくためのスタートラインとして、特に重要な時期と考えています。オリエンテーションでは集合研修を実施、仲間とプリセプターの絆を深められるようにします。その後、本人のペースに合わせて安全で質の高い看護の基礎となる技術・安全対策について習得できるようプリセプターシップを取り入れ、責任を持ってサポートします。


研修計画

院内
院外
  コース名 内 容 対 象 担当者









看護部の概要
看護師に望むこと
基礎看護技術の演習
リスクマネージメント
感染防止
接遇
看護記録
BLS
夜勤のオリエンテーション
患者急変時の看護 演習
フィジカルアセスメント(基礎)

①上白根病院の組織・理念を知る
②職業人・組織人としての立場と役割の動機づけができる。
③他部署戸の相互理解と良い関係つくりに向けて、
患者に対してどのような責任と役割を引き受けているかを知る。
④看護師として必要な知識・技術の習得をする。
⑤事故防止、感染防止についての知識を得、患者の安全を
守る方法を学ぶ。
⑥記録の法的意味と必要性が理解できる。

新人看護師 看護部長

各師長
教育委員会
プリセプター



卒後1年目研修

「2年目に向けての課題」
「事例研究」 次年度発表に向けての準備
・今の看護への思いを共有する。
・看護倫理について事例で学ぶ

卒業1年目  
看護師
プリセプター
教育委員会
卒後2年目研修 「事例研究発表」
「新人教育とは」
卒後2年目
看護師
プリセプ ター
教育委員会
卒後3年目 リーダーとしての役割 卒後3年目
看護師
主任



中堅研修 ①あらゆる場面でのリーダーシップ能力を習得する。
②チームメンバーに教育的に関わることができる。
③円滑なチームの推進力になれる。
④重症度、医療・看護必要度評価者研修
看護協会主催の中堅研修に参加
中堅看護師
卒後4年目以上
師長
外部研修
プリセプター研修 ①プリセプターシップを理解し、
新人看護師が早く職場に適応できるように精神的・
教育的支援をする。
②新看護師の記述的指導者として関わる。
プリセプターの役割
プリセプターとしての課題
プリセプター 主任
教育委員会




主任研修
組織における主任の立場・職務を明確にし、
自律を促進することができる。
重症度、医療・看護必要度評価者院内指導者研修
主任 看護部長
外部研修
師長研修

現状における問題と今後の課題を明確にし、
具体的方策をともに考える。
重症度、医療・看護必要度評価者院内指導者研修

師長 看護部長
外部研修




 

BLS研修とタイムトライアル
呼吸管理
心電図の基礎
牽引と看護
急変時の対応
眼科治療
糖尿病の基礎知識とケア

看護職員 教育委員会
看護補助者研修
 基礎的技術と役割
看護補助者 看護部長
師長
PT,OT,ST



キャリア開発

臨床指導者研修
医療安全管理者研修
内視鏡技師認定 
ストーマリハビリテーション研修
糖尿病療養指導士

認定看護師養成課程

看護職員  

▲ページトップへ