診療科のご案内

薬剤科

よりよくお薬のことを知っていただけるよう、よくある質問にお答えします。

お薬のあれこれ

Q:

処方箋をもらったけど、すぐに調剤薬局に行けません。期限はあるの?

A:

処方箋の使用期限は、当日を含めて4日間です。休日が重なるときは特に気をつけてください。

Q:

自分が飲んでいるお薬の事を よく理解していないので、先生に相談したいのですが。

A:

お薬について相談される時は、薬の名前を正確に医師に伝えて下さい。お薬手帳を持参されると便利かもしれません。
ご自身が飲んでいるお薬の名前を覚えおくことも大切です。いざと言う時に身を助けてくれます。

Q:

以前 飲んだ薬で体調が悪くなった事があるのですが。

A:

以前に、お薬で副反応がおきたことのある方は、その薬剤名を医師・薬剤師に伝えてください。副反応は個人差が大きく、再発を防ぐために、あなたにとってとても大切な情報です。
しかし、お薬は、あたりまえのことですが、病気を治すためのものです。副反応を恐れるあまり必要なお薬を飲まないのは、本末転倒ですね。

Q:

お薬は、どんな飲み物で飲んでも大丈夫?

A:

お薬はコップ一杯の白湯で飲みましょうと、よく言われます。
例えば、起床時に飲む骨粗鬆症の薬は典型的で、硬水でも作用が弱くなります。牛乳やジュース・緑茶など、お水以外で飲むと作用が弱くなったり強くあらわれたりするものもあります。白湯が無難なのです。ただ、水分を制限されている方などで、薬をせめておいしい緑茶で飲みたい、などと思っていらっしゃる方は、医師や薬剤師にご相談ください。

Q:

お薬って、どんな所に保管しておけばいいのかしら?

A:

お薬は、缶に乾燥剤を入れて、日の当たらない幼児の手の届かないところに保管してください。冷蔵庫も冷暗所なのでよいのですが、出し入れした時に温度差で湿気がつくことがあるので気をつけてください。また、軟カプセルの夏場の保管は30℃以下でお願いします。
いずれにしても、くれぐれも冷凍庫にはいれないで下さい。薬効が変化してしまいます。

Q:

病院で処方されたお薬と同じ名前の市販薬を見かけたのですが?

A:

病院で処方された薬は、市販薬と違って、その時の症状にあわせて医師が処方したものです。有効とは限りません。

Q:

風邪をひいたみたい。以前飲み残した風邪薬を飲んでもいいかしら?

A:

以前にもらった風邪薬が次の風邪に効くとはかぎりません。残った薬を飲む前に、医師の診察を受けてください。

Q:

薬局で実際にもらったお薬が、自分で欲しいと思っていたお薬と異なっていました。変更できますか。

A:

処方箋薬局(調剤薬局)での処方の変更は、原則として出来ません。受診時に、医師とよく相談して下さい。変更の際は、再度、病院にお越しいただくことになります。

Q:

薬局で、欲しいと思っていたお薬を思い出したのですが…。追加できますか。

A:

処方箋薬局(調剤薬局)での処方の追加は、原則として出来ません。受診時に、医師とよく相談して下さい。変更の際は、再度、病院にお越しいただくことになります。

▲ページトップへ