上白根の看護

写真:上白根の看護

看護部概要 policy

看護体制 急性期一般入院料1(7対1)
看護方式 チームナーシング(固定)
看護単位 6単位
外来・救急・手術室・一般病棟(3単位:3階病棟、4階病棟、5階病棟)
勤務体系 2交代制 〈日勤〉8:30~17:30 〈夜勤〉16:30~9:00

部署紹介 nursing department

外来部門(外来一般)

当院の外来は「地域の中心となる病院」の玄関口。
最初に患者様を受け入れる場所であり、医療や看護の質を印象づける大切な部署です。
相手の立場にたった温かい対応と看護師として患者様の状態を観察、察知する、患者様やご家族様のニーズに応じるため早急で正しい判断が求められます。
患者様、ご家族様と真摯に向き合い、信頼される対応と接遇を心掛けています。

写真:救急部門

救急部門

当院の救急外来は、二次救急指定病院として24時間365日入院や手術を必要とする患者様を受け入れています。救急という一刻を争う場であり、病棟とは違い短い接点の中で、患者様やご家族様の求めるニーズに迅速かつ丁寧に答えられるよう、医師、看護師、コメディカルなどが協力し合い、地域の中心となる病院として安心できる医療や看護の提供に日々取り組んでいます。
やりたい看護、患者様やご家族様を思う気持ちがある人こそ働きがいのある職場です。

 年間救急受け入れ件数救急入院件数
2017年度2688 件999 件
2018年度2872 件1081 件
2019年度2928 件1199 件
写真:救急部門

手術室・中央材料室

消化器外科では、胃がん・大腸がん・胆石症・鼠径ヘルニアの手術が多く、緊急手術ではイレウスや虫垂炎がほとんどです。
整形外科では、大腿骨警部骨折、腱、肘、股関節の手術を行っています。
脳神経外科では血腫除去術、眼科では白内障の水晶体再建術を主に行っています。
手術が安全に終了し、患者様が苦痛なく退室できることを目標に、安全な職場環境とチームワークを大切にしています。

 年間手術件数
2017年度959 件
2018年度909 件
2019年度973 件
写真:手術室・中央材料室

3階病棟

消化器外科・内科・整形外科の51床の混合病棟です。

各科の特長と患者様の個別性に合わせたきめ細やかな看護を提供できるよう日々努力しています。
手術を受ける患者様の不安に寄り添い、安心して手術が受けられるよう関りを持つここと、また入院から退院後も安心して過ごすことができるよう多職種との連携と情報交換を心掛けています。

写真:3階病棟

4階病棟

整形外科・脳神経外科・神経内科の51床の一般病棟です。

整形外科では、上肢・下肢・脊椎等の疾患の患者様が、手術・検査目的で入院をされています。術前から術後まで安心して過ごしていただけるように、不安をもって入院する方に丁寧な説明と傾聴を心掛けています。
脳神経外科・神経内科では、脳卒中や脳挫傷、頭部外傷、痙攣、脊椎疾患等の患者様が入院されています。運動機能低下の防止と回復を目指し、疾患の早期発見と早期治療の開始、早期離床・リハビリテーションにより社会復帰または最良のQOL(quality of life)の実現に向けて、診療及び看護援助を行っています。
患者様、ご家族に十分な説明を行い、信頼関係を大切にした医療の提供と、安心安全な入院環境の提供を目指しています。
患者様とご家族が安心して満足な医療・看護が受けられるよう多職種と連携し、心の通う看護を提供できるよう努めています。

写真:4階病棟

5階病棟

内科病棟は循環器疾患、消化器疾患、呼吸器疾患などの患者様が入院しています。

急性・慢性を問わず、適切な診断・治療を行っています。
最新の診断・治療技術に基づいて、各分野の専門医で十分に議論し、最善の医療を目指しています。
疾患によっては様々なので、患者様の苦痛を少しでも和らげ、患者様が自分らしく安心して生活が送れるように看護援助をさせていただきます。

写真:5階病棟